何度も終る夏、果報は寝て待て


by shintarooue

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

近況報告

2014年
新作ストックホルムにて

ブログパーツ

最新の記事

www.cslashompa..
at 2014-01-22 20:59
from here to t..
at 2013-07-29 14:48
さいきん
at 2013-05-13 19:03
Krukmakargatan..
at 2012-06-16 04:12
リノベーションから学ぶ
at 2012-06-15 05:09

カテゴリ

全体
私説明
映像(MOVIE)
私語
verksatdsgatan1改築記録
ダンス特有
Krukmakargatan31B
HOLLY LAND 制作ノート
あいうえお制作ノート
未分類

以前の記事

2014年 01月
2013年 07月
2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


安部公房スタジオと欧米の実験演劇


堕落論


恋する惑星


デリカテッセン <デジタルニューマスター版>


髪結いの亭主


時代-Time goes around-


幕末太陽傳


切腹


終りし道の標べに―真善美社版 (講談社文芸文庫)


陰翳礼讃 (中公文庫)

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

思い出のつぎはぎ

久しぶりに一日、ジムショにこもり、いつものコース。
プールには勿論朝一番に行きましたから、体はほどよく疲れて、
頭は冴え渡り、DVDをやきながら、税理士の指示通りに書類まとめ、
あとはドラマを聴きながら、作業。 ああ、日本のドラマも音声だけで
結構把握できるんだと聴覚のすごさをあらためて実感。
そういえば、昔はITUNEに音楽を映像化してみれるボタンがあったけれど
あれはもう、ないんだろうか? 子供の童謡をあれで聴き観ると得体のしれない
世界にはいれたものだったが。 
次の仕事は「継続」がテーマ。 作品しかり、生き方しかり、日頃の恩しかり、
なんでもかんでも「継続」とはどうもおかしいかもしれないが、
なにもつくらなくても、日々の中で創ることをまなぶことが次に繋がると思う。

ああ、次はやはりツアーでもしたい、ツアーの中から生まれてくる新たな作品を
勝手に期待はする。 ゴリラズもそうやってツアー中に歌を創ったのを配信してたし。
ゴリラズ

日本の隙間産業を勉強する。
[PR]
by shintarooue | 2011-02-25 22:00 | 私語

つぎ/つぎめ=やすみがてらてらてらと

頭の中をかっらっぽにして朝を迎える事が出来たら、毎日が新鮮なのだろう。
その分、経験や知識が蓄積されないのでそれもそれで難儀である。
どちらがいいのかはわからない。 そんなことを考える、または頭にうかべられるだけ
とても幸せなんだとおもう。 
結局という言葉は使いたくない、そこで話が終ってしまうからだ。
だから、なんなのかと?
通信網の発達で我々の手足は伸びに伸びたような、、、しかし、それは「ツモリ」
ではないのか? 手を差し伸べられる範囲はやはり自分の拳を出して360回った範囲
しかないのではないだろうか? GOで読んだねこのフレーズは。。。。
拳より、手をひろげていたほうがと思うのは、単に拳がきらいだからでもなく、
手をひらげたていたほうが拳よりその分範囲がひろがるというちっぽけな理屈でもなく、
手をひらげた状態のほうが、わけがわからない意思表示になるからではないだろうかと。
拳をつきつければ、それは身体表現としては、単純明快であり、犬もわかるだろう。
では手をひらけた状態ならば、次の動きがきになってしまう。次にその手がどのような動作
をするかで、いとも簡単(ではないが)にわからないという状態から意味をもった動作へと
変容する。 そしてそこに時間軸があれば、いったんおこした動作をひっくりかえすことも強調する
こと、またはやめてしまうことも、、、、この場合、パントマイムは想像しないで。

なるほどと、勝手に思い込む。 これだけの事で勝手に独りで質疑応答して、、、、
結局ではなく、答えをだしつつ、また、その答えを疑問視する。 

そうこうしていれば、幸せではあるが、
それでは只、自分だけの満足におわりかねない。
では、なにがそうさせない、そうならないのか?
やはり、それは時間と場所であろうか?

幸せな場所ならば、プラトンのようにふらふらと哲学というものを生み出すんだろう。
幸せではない場所ならば、幸せかどうかなんて考えず、ただ、目の前のことに全身全霊
するのだろう。
こうして書いていられる事自体を幸せかどうかという物差しではかるのはおかしいかもしれないが、
それが幸せだと仮定して、その幸せを他の人にもとはゆかない。

愛は巡るのある、
愛は返せないものである。
もらったものはその分、、ってわけにはいかないものである。
でも巡るとは思う。
受けて、返し、
そしてそれが、延々モノモノにと巡る。
時間が許す限り。

落とし物/家族 キーワードはこれかな?
次の私語とは。

[PR]
by shintarooue | 2011-02-23 06:35 | 私語

二月のダッシュ

二月二日よりオランダ/ハーグでの「イキ、シ、タイ」の稽古を始めました。柳本雅寛、平原慎太郎との三人で同じ屋根の下、ご飯も飲みも付き合いもいつも一緒という、いつもとは違う環境のなかでの制作に一週間ほど経ってから、あれ?一人で考えたりという時間があらへん」ときづく次第。 慌てて一日お休みしてリフレッシュ。
いつものことながらギリギリの変更などがありながらも13日にはちゃんと舞台にたち、僕らテキな作品の世界をだせたのではないかと思います。努力する、斜に構えないという目標を立てて望みましたがはたして、、、、、
三回目、これが今回の最後になりそして次への一歩になる為に、最後の最後に目標という枠を壊してしまいたいと、、、、、、。 

おなかがいたくなりませんように、
ずつうがおこりませんように、
体ひとつ、
みなおなじ、
そらあおいで、
[PR]
by shintarooue | 2011-02-15 23:08 | ダンス特有