何度も終る夏、果報は寝て待て


by shintarooue

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

近況報告

2014年
新作ストックホルムにて

ブログパーツ

最新の記事

www.cslashompa..
at 2014-01-22 20:59
from here to t..
at 2013-07-29 14:48
さいきん
at 2013-05-13 19:03
Krukmakargatan..
at 2012-06-16 04:12
リノベーションから学ぶ
at 2012-06-15 05:09

カテゴリ

全体
私説明
映像(MOVIE)
私語
verksatdsgatan1改築記録
ダンス特有
Krukmakargatan31B
HOLLY LAND 制作ノート
あいうえお制作ノート
未分類

以前の記事

2014年 01月
2013年 07月
2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


安部公房スタジオと欧米の実験演劇


堕落論


恋する惑星


デリカテッセン <デジタルニューマスター版>


髪結いの亭主


時代-Time goes around-


幕末太陽傳


切腹


終りし道の標べに―真善美社版 (講談社文芸文庫)


陰翳礼讃 (中公文庫)

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

太陽を見て眠る。 

終わりという標識から出発、、、、安部公房をひさしぶりに想い、手元には本が一冊もないことに気づく。
自分のモノがあちこちにちらばっている。 それはここストックホルムでも同じである。

さて、東京最終日、9月24日は始発ではじまるかと思いきや睡魔におそわれ、、、、

起きたらさっそく荷物の整理をしつつ、わけがわからなくなり、荷造りをいつものように半分程断念し、結果大半のモノモノはスタジオの倉庫にお蔵入り。 自分のモノがいろんなところへ散らばってゆきます。 もちろんどこかへ忘れてきたものなどもたくさんあることでしょう。

やっと外にでる。 

ダラダラとした分を取り返すべく自転車を足にする。

「東京にはこんなにUPやDOWNがあるのやね、、、と感激するほど東京の地形は捨てたものではありません」
地形にはいつものことながら感激してしまいます。 たとへ人間が山を削れるといっても、たかが知れているようです。 確かに最近の温暖化はどうたら、こうたらと延々と論議し、論理がでているようですが、 自然の周期としこうなっている部分も多いにあり、実際には我々人間がもっている感覚では現実に目の前でおこらなければ、
それに対して、なにもできないのではないかな? と、まあ、いい加減な回答をしてみたり、、、、。

話それて、、。ついでに、北極がとければOILの利権問題が解けた海面以上に浮上しそうです。

話戻し、 方向をさだめてこげば、間違え迷い、他者に声もかけやすく、 そうして何気なしに言葉があることに
勝手にほくそ笑み。 西麻布のどこかしらかの交差点から入った路地はいや、、、、足をとめてみたくなるという表現にふさわしい道、人、そしてお店がポツポツとよい加減で住居と同居していました。

自転車をほうりだし銀杏並木、蚊にさされるとわかっていながら、すわってみると、いや勿論10分で大変なことになっていました。 薬局へかけこんでキンカンとスプレー、 そんなことしているうちに太陽は消えてゆきます。

あれ、昨日かきはじめて今日また開けて書き始め、どうも、目標を見失う。

「飛んでゆこう」 方向は違うかもしれないけれど、 空には道がない。 たとへあったとしても、その道は 野原のようにだだっぴろいから、どちらがどちらではないかもしれない、だから、飛んでればまたおりてきて、また、
また、また。

最終日に見た太陽におおくの愛を感じ、そして体を向ける事で肌身に感じそして飛んでみようと、、、、ああ、イカロスだ、これは。 (いつも雑文)
[PR]
by shintarooue | 2009-09-27 17:50 | 私語

とんだつもり

20日アーキタンツ終了、今回の全行程を終えた安堵、 海をみて、夜景遠く、肩には心地よいおもみ。
昼には京都、こうぼうさん(いわゆるフリーマーケット)そして育った家に舞い戻り。
22日は散歩してその足の運びから新潟を連想。思い立ったが吉日。 昼過ぎには
新幹線、日本海側を通りたかったのだが、うまく時間あわず断念。先方に 連絡入れるも、
応答不能、最悪の事態、、、、というか、どうにかなるだろうと、相手に甘える。 事実甘える。
しののめを堪能。 その後遅くまで、跳ぶ。
23日 朝、二人前が三人前ということで味が微妙に変化したコーヒーいただく。 
コーヒー通ではないので、おいしくいただく。
いざ、新潟そして、いざ、埼玉へ、
お昼ごろより彩の国の演劇見学。 言葉の、とくに接続詞を短い時間ながらまじかに見、考える。
区切りよく、日本体育女子大学でクラスのため移動。
始まり遅れて、、、、、そして終わりの時間がせまってきたので「後は自習でもできるよね」などと、、、
投げやり一打と、、、、 「もう終るんですか?」さらりひっくりかえされ 初めて自分のクラスで「帰らしてください」と懇願。
なんとか終った足で新宿西口、ロータリーがあるので自分の位置がうまく把握できない。 それでもお店発見。
ようやくそこで落ち着く。その後は終電間際の途中下車。 カラオケなるものに、、、、、、、、。
次回はヴォイストレーニングを慎と誓い合う。
マサくんのCATSで締め、いや、必要ないラーメンではあったが、それでお開き。 
心に残る? いや残っているのは腹の中のラーメンだけか。
最終日、これから寝るのか、いや、ちらばっている荷物、この荷物同じ場所にないからややこしい。
後は、電車の中で打ち合わせを実行できれば、心おきないか? いや、まだ跳んでない、眠りはいずれやってくる。でも日本には明日はもういない。 では今できること。 「なにができる」 いつもそこから出発。

最終日は太陽がもう登ってます。 平凡な幸せかもしれないけれど、
 明日は嵐がやってこようと、まずは今日一日としてしっかりと受けたいと思。
[PR]
by shintarooue | 2009-09-24 07:19 | 私説明

トキドキ、

時々、「ジイーン」ってくることがあるんです。
今夜の通し稽古中に、、、、一瞬だけれど、みんなが知らない合間に一人噛み締める。
一瞬あれば上出来じゃないか?  それを最後まで引っ張ってけるように、明日考えよっと(今日は無理)。
人が目の前にいて、考えられる。
机の上では考えられない。
だから、他者に迷惑もかける。
懸けられるか懸けられないのか試しているのかもしれない(無意識な意識として)。

みんなにどれだけ意識的に向き合ったかはわかりません。それは自分が確固した言葉で書けないのと同じで、
うまく伝えられずにもどかしい。 されど、今ある身体をみるめれば、そして素直にそれを他者に向けてゆければ、、、、、

明日はもう、時間はありません。

もう一山、みんなに登ってほしい。 それは上手にとかうまくとかではない。 山に登るのに上手も下手もない、山を感じ、空気をすって、曇りで朝日がみえなくとも、そこにいった自分がそしてみんながいれば、それでいい。




今夜も明日のショーイングに向けて遅くまでみんなと関わりあいました。
明日の経験がいつかまたどこかで、巡り巡ってくれる事を祈ります。
今夜はDAY ARRANGEMENTとして青木直哉くん、NOISM06で毎夜「しののめ」での時間を思い出し、、、、。
[PR]
by shintarooue | 2009-09-20 01:14 | ダンス特有

当たり前が一番難しい

当たり前のように動かしている身体も、どこかおかしいと自分の所有物ではないのだと、
ただ、一緒にいつもいてくれるもう一つの自分なのだと思う。
どちらも自分なのだけれど、、、、。
さて、今週は不器用な人が器用なふりをするがごとく、ワークショップを実行中。
試行錯誤の一つに、どのような状況でみなさんにオドッテいただくかという事。
ダンスを見るそして見られるという行為をもう少し、OPENにしたいと思う。
それは、敷居をあげたりさげたりではなく、完成、未完ということでもなく、
いいか?わるい?かなんてことでも勿論なく。 

勿論スタジオでのパフォーマンスにはかわりない。それは場所がそうだからである。
ただ、くるであろう日曜日のスタパは違った意味あいをもたすべく、
もう、ここでグダグダと御託をならべぬよう、、、、、しばし、紙とペンをにぎろう。

 
[PR]
by shintarooue | 2009-09-17 03:16 | ダンス特有

C/Ompany

初日、舞台で痛めた肩甲骨の筋は今日もいたい。
体が「もうちょっと、きいきかせてや。」と心も「今日、今すぐ実家に」
そんな心体とは別にまだ何かあるから、こうして今、今週末に向けて動き始める。

本当のことが嘘っぽく、嘘が本当に見えたり、でも、素直に出してゆくことが、大切ではないのかな?
次回の二歩目は、青年謳歌から親父の、いや、今の自分の年相応をめざして、ゆきたい。

昨夜は反省と展望の会を開いていただいた。そして今までイイカゲンにしてきた部分部分に少し
流れもできた。 「モノ(人、空間、形式をも含む)は川の流れではなく、いろいろな大きさの石である」
我々が目指すものは同じ川をみたいという、、、、、(それだけ?)
 川自体の流れは我々そしてモノモノ
がどこに配置されるかで決まる、しかし、我々は川をどうすることもできない、、、、でもどうにかしていこう
とただ思うのみで、、、、、(ソレダケ?)

堂々巡りに陥る。

今日はただC/Ompany をどう読めばいいのか? というお題そして答えがでたので、書きたかっただけである。
「シースラッシュ」
すっきりと読める。Ompanyは後からついてくる。説明よりも、やってみてから、ジプシーなんだけど、ジプシーはジプシーなりの目指すところがある。

いや、昨夜のあの充実感は一日あけてものこっている。 酒もいかほどかはのこってはいるが、、、、
一日たってものこっているそれはあかちゃんの一歩目と二歩目が大きく違うぐらい大きい。
[PR]
by shintarooue | 2009-09-15 13:30 | ダンス特有

初日無事開けました。

 明日、明後日、邁進。
とてもよい仲間と仕事?半分遊び半分、
よいバンランスで仕事できてます。
しかってくれもし、うなずいてくれもし、あきられもし、それでも目指すところは同じ。

目指すところはでっかい空のように限りなく、でも同じ方角を眺めていられる。

明日はケガをどうやって作品にくみこめるのだろか?
本当に怪我してもヘタナコシバイに見えてもしまうほどな生な作品だから、気おつけないと。

素直に立つ。 そんな当たり前の事を、、、、吠える。 沈んだ太陽に(スエーデン時刻)で。
[PR]
by shintarooue | 2009-09-12 00:52 | ダンス特有