何度も終る夏、果報は寝て待て


by shintarooue

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

近況報告

2014年
新作ストックホルムにて

ブログパーツ

最新の記事

www.cslashompa..
at 2014-01-22 20:59
from here to t..
at 2013-07-29 14:48
さいきん
at 2013-05-13 19:03
Krukmakargatan..
at 2012-06-16 04:12
リノベーションから学ぶ
at 2012-06-15 05:09

カテゴリ

全体
私説明
映像(MOVIE)
私語
verksatdsgatan1改築記録
ダンス特有
Krukmakargatan31B
HOLLY LAND 制作ノート
あいうえお制作ノート
未分類

以前の記事

2014年 01月
2013年 07月
2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


安部公房スタジオと欧米の実験演劇


堕落論


恋する惑星


デリカテッセン <デジタルニューマスター版>


髪結いの亭主


時代-Time goes around-


幕末太陽傳


切腹


終りし道の標べに―真善美社版 (講談社文芸文庫)


陰翳礼讃 (中公文庫)

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「だまって待つ」


「待つという事」
そんな本を読んでいる、ページは読み返しが多いので前には進まない。
表紙には砂丘に黒い傘をさした男が真っすぐ前を見ていると思われる、(写真では傘の影)
隣ではサックスを弾いている男。

待つ、待つという事で自分を生かしている今日この頃なあり方を浮かび上がらせられる。
例え「そぶり」であっても、それを繰り返す事で意味や必要ではないと思われがちな行動にも
何かが付着する(気がする)。 
そう、「気がする」それが、今必要なのである。
そんな気をさっしてこの長期営業停止を乗り越えてきたのかもしれない。
心体は水につけてふやかし、水中で「あいうえお」で言葉遊び、ジャグジーにもぐって気泡の世界にひたり、
自転車は中島みゆきを聞くために乗り、たばこは煙に自己をかさねゆられ、一杯のみそ汁に暖められ、
終わりの標識を出発点とする。

待つことがなくなったいまだからこそ、あくせくしてスケジュールをうめず、ようやく、ゆっくりと腰を上げる。

どこへゆくともなく、前頭葉では今、過去、現在がからみあい、デジタルな時計ではない時間の流れを体感する。
意味なく過ごした時間へ意味を見つけ下記したいのではなく、ただ、混沌としているという事、そしてそれでもなお、それでゆくということを自覚したいがために書く。

巡り会う、まわる、まわる、いつかきっと、、、
[PR]
by shintarooue | 2009-05-18 20:06 | 私説明