何度も終る夏、果報は寝て待て


by shintarooue

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

近況報告

2014年
新作ストックホルムにて

ブログパーツ

最新の記事

www.cslashompa..
at 2014-01-22 20:59
from here to t..
at 2013-07-29 14:48
さいきん
at 2013-05-13 19:03
Krukmakargatan..
at 2012-06-16 04:12
リノベーションから学ぶ
at 2012-06-15 05:09

カテゴリ

全体
私説明
映像(MOVIE)
私語
verksatdsgatan1改築記録
ダンス特有
Krukmakargatan31B
HOLLY LAND 制作ノート
あいうえお制作ノート
未分類

以前の記事

2014年 01月
2013年 07月
2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


安部公房スタジオと欧米の実験演劇


堕落論


恋する惑星


デリカテッセン <デジタルニューマスター版>


髪結いの亭主


時代-Time goes around-


幕末太陽傳


切腹


終りし道の標べに―真善美社版 (講談社文芸文庫)


陰翳礼讃 (中公文庫)

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

南下満喫

フランクルト、デンハーグと、トモ巡りとパフォーマンスを短い時間の中で満喫しました。
フランクフルトでは新たな出会いもあり、おいおい、、、、、、、。

「ナニハトモアレ」この語源を考えさせられた時間

デンハーグは多少の緊張感の中、「del a」無事お披露目できましたし、オランダ時代の旧友にもあえ、時間の流れを感じ、また、新たな企画への希望も膨らみ、、、、まあこの辺は他人まかせで、自分で出来る範囲ではもうありませんが、 「equal」も、そのうちできそうな、まあ、膨らみます。

膨らます、というよりは、やってゆかなきゃ膨らまないのであって、よって、あまり前頭葉で考える必要はなく、もっか、ばらまいてばらまいて、ひっかかってくるものにつながって、つってるつもりがつられたりと、まあ、いいですそのへんは。

では、冬眠にならないように、目をしっかりあけて。
毎日、冬眠しているぐらいしっかりねてますから、目の開いてるうちは開眼モード!ああ、パチンコが頭をよぎりつつ、こちらでパチンコが無い事に感謝する。
[PR]
by shintarooue | 2008-10-14 19:21 | 私語

南下

ストックホルムにいるとオランダやドイツにゆくだけで南。
南のイメージとは全くかけ離れた土地なのだが、ここ北欧は寒い。
寒さでいえばこの時期ならさほど変わらないのかもしれない。
日没もまだまだそう遅くはないし、、、、多分、久しぶりという事が、
少し感極まっているが故にイメージが勝手に膨らんでいるだからだろう。

ココを離れるときは本当にどこであろうと、心弾む。
ココに帰ってくる時も飛行場をおりバスにのると、ひしひしと込み上げてくる。

ここもあそこも、どこにでも、通った道は思い出深い。 そんな事を考えると基本ヤナコトは忘れてしまう人間の構造に感謝する。 そうでないと思ってた自分が今日(あえて今日と書く)は懐かしさの中に浸っているから。

場所さることながら、
また、人もおなじく、
されど、一期一会、
次はなし、
輪廻を信じない
我ゆえ、
今、
時、
次なしとおもえ。
[PR]
by shintarooue | 2008-10-09 18:49 | 私語

飛んで火にる夏の虫

スエーデンでの仕事が終わってフラフラと一週間が過ぎました。
仕事も、個人的なレベルでの仕事ばかり、、、っと、
久しぶり、
デンハーグでの仕事。
たまたま、メールで「=equal」を紹介売り込み営業していたら
「今週末それ、できる?」
それは無理。

でも、ほかのであれば、、、、っということでお話決定。

懐かしのTilmanっと、、、って、まあ、この間のウメオでの公演は失敗? でも、まあそれもこれもひっくるめて仕事が出来る仲間と一緒に「del a」を、、、、。

このブログ内でも映像にありますが、長い時間もたっているので、色々と変身させていく予定。

こちらが、かとなってやけこげるか?
それとも、、、、、、。
写真はコルゾシアター(劇場は改築しているらしい)のスタジオになるみたいです。
まあ、そんなことはどうでもよく、どこであろうが関係なくできちゃう鈍さいや、どっしりしたところを、、、、っと、此所に書いても仕様がないがその辺は自分のために、忘備録。
f0118450_21234410.jpg

[PR]
by shintarooue | 2008-10-06 21:24 | ダンス特有

WIP =equal 終了そして、、、


=equal終わりました。
日本での「=equal」から、いやそのもっと前、3月アーキタンツでのスタパから参加してくれた
柳本雅寛 平原慎太郎そして今回こちらでの「=equal」走っては知って見失って燃え尽きた。
さて、
初日はそれまでの緊張感、本番前までの調整などで気が張り過ぎ、張り切っていたのではなく、いつものイイ加減な抜き具合がでませんでしたが2日目は心身共にそして3人がいい具合でりきみから解放されてやっていて、素直にその場を感じ踊る事が出来たように思います。 3週間とはいえいろんな事があり大変ではありましたが、また一歩しかり踏めたようです。 今回はさとしくんが僕の言葉を翻訳して汲み取って広げて出来た作品です。

C/Ompany の趣旨「ゆだねていきる」にそって仕事を進められました。 しいていえば、プロデユースにおいての協力と理解が無かった事が次回への課題です。まあ、コチラの王道的やり方からはずれていたからというイワクはつきますが。それでも 松本市ではサイトウキネン、ならびに個人的に森安さんの多大な協力があって、、、、というか、「馬が合う」こちらがかってにおもっているだけかもしれませんが、、、、。
今回参加してくれたメンバーとはまたこれからの事そしてこの作品をこちら(スエーデンバージョン)として、進めてゆければと思います。日本の方もまた以下同文で。

現在は、、、、、、 
もろもろの支払に、一度も洗わなかった衣装、それから家族へのサービスを、
、、、、っと自分には終わりの見えない、
休日、
休日、
休日、
休日、
休日。
と、おもってるとそうでもないんです。 これからの事もその間に考え行動してゆくので、、、、ただ、一つ「ああああ休日。」と思えるのは、目の前または見える範囲で仕事というものが無い時本当に何事からも束縛されず、あるがまあまあ。 ちなみに家族には束縛はされません。すきなことやってますから。いてくれてうれしいものです。

「=equal」
演出 大植真太郎  工藤聡
出演 大植真太郎   稲尾芳文 工藤聡
制作 C/Ompany
協力 Konstnärsnämnden MDT
f0118450_6105421.jpg
f0118450_6111389.jpg
f0118450_6113079.jpg

photo by Håkan Larsson
[PR]
by shintarooue | 2008-10-01 18:16 | ダンス特有