何度も終る夏、果報は寝て待て


by shintarooue

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

近況報告

2014年
新作ストックホルムにて

ブログパーツ

最新の記事

www.cslashompa..
at 2014-01-22 20:59
from here to t..
at 2013-07-29 14:48
さいきん
at 2013-05-13 19:03
Krukmakargatan..
at 2012-06-16 04:12
リノベーションから学ぶ
at 2012-06-15 05:09

カテゴリ

全体
私説明
映像(MOVIE)
私語
verksatdsgatan1改築記録
ダンス特有
Krukmakargatan31B
HOLLY LAND 制作ノート
あいうえお制作ノート
未分類

以前の記事

2014年 01月
2013年 07月
2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


安部公房スタジオと欧米の実験演劇


堕落論


恋する惑星


デリカテッセン <デジタルニューマスター版>


髪結いの亭主


時代-Time goes around-


幕末太陽傳


切腹


終りし道の標べに―真善美社版 (講談社文芸文庫)


陰翳礼讃 (中公文庫)

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

誤訳【リビング/ダイニング/キッチン】 OPPENPLANLOSNING


【oppenplanlösning】 part 1
2005年3月30日 初演

perform by Tilman Odonnell & Erik Johansson
costume by Mylla Ek
produce by North59(SWEDISH OPERA BALETT)
Film by Sverige Televison
画面がちっちぇーと思われる方はコチラでご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=ctPClWPtVEI
[PR]
by shintarooue | 2007-09-28 08:20 | 映像(MOVIE)

言葉じゃない。

しごきじゃない。完全なる暴行傷害致死!犯罪です。

ここで個人的な仕事とむすぶつもりはない。

でも、

どうしようもなく言葉にできない、
だから人は叫ぶの、
『ウエエエエーーーーーーー』って叫んで、ふっとほっとする。
自分のちっぽけさをみつける。
等身大を知るという喜びは、はにかみをこえて自分へそして他者への愛情となる。

どうやったら人を殴れるんだろう? そうかんがえてもわからない。
[PR]
by shintarooue | 2007-09-28 04:01

owarinitadayou

【言葉の喪失】
f0118450_10411826.jpg
(こいつ新潟のどこにおるのかなあ? そのうち引き取るか?)
どうしようもなく言葉にできない、
だから人は叫ぶの、
『ウエエエエーーーーーーー』って叫んで、ふっとほっとする。
見上げる空はだだっ広い。
でっかい。
叫び痛んだ喉にそっと触れる自身の呼吸、
そら見上げる自分、
等身大を知るという喜びは、はにかみをこえて自分への愛情となる。
「そろそろ」より。


一日中改築作業。
ペンキなどは騒音がでないので、遅くまで仕事ができる。
そういえば、この改築一本のネジマワシから始まった。
パリにいく前夜、ねないようにとカベにネジマワシを突き刺した。
壁の中の材木を再利用しようととても丁寧に接した。
壁からでた1%の砂塵は私の血となり肉となった。

悔いの残らないようにと、、、、そう、、カーテン。。ドウシヨウカ?
そこら辺で買っちゃうか?
IKEAは避けたい。
避けてきたんだから。
IKEA.


時差ボケがなおりません。
3時まわりましたよ。
明日はまた100キロの風呂をもとあった場所に戻すのです。
そしたら、もうすぐそこ。
まあ、ちょこちょこあるけど、木屑と砂塵にはまみれません。
ガラスのおじさんちゃんときてね。
でも今何かに取り付かれてる。

寝る。
[PR]
by shintarooue | 2007-09-26 10:39 | verksatdsgatan1改築記録

あいうえお制作ノート 番外編 no,4

『映像』
男が一人原っぱで寝っ転がっている。 画面右上に 0倍と表示されている。 10秒経過、、、すると
表示が10倍になる。男の身体が画面に広がる
100倍男の毛穴が見える、
1000倍カメラは体内に入り込んだ
10000倍心臓の動きが見える
100000倍毛細血管をするするとカメラが動く
1000000倍心体の中だがここからは解らない、ハッケキュウとかミトコンドリアみたいなものがひしめきあっている。
10000000倍DNAの世界に突入。螺旋をあたかも上るかのように画面スパイラル。
そこからまた逆に戻ってゆく、螺旋階段からひしめきおしあいどくどくしたこどうにちしおをかんじにくちをとおってひふにもどるまたおじところえ、、、、、!

ここでカメラワークはとまらない、今度ははカメラが引き始める。
同じ等間隔で、10,100,1000,10000,100000,10000000,10000000、
息用のないところまで広がってゆく、想像の世界とか学的世界のぎりぎりのところまで。

科学とアートの融合。

「何か見えた?」 それが僕の求めているものです。
想像を絶してゆくのは聞き手の中にあるとおもう。
その想像には私なんか勝っ近ない。

これが「あいうえお」都道関係あるのかって。

自分の探求、だから「あいうえお」 形的には全く異なる内容であるが、つないでゆけば、行き着くところは同じである。

ああ眠い。昨日から寝てない。ねるぬる。
[PR]
by shintarooue | 2007-09-23 09:17 | あいうえお制作ノート

最後の二週間!  VERKSTADSGATAN1

もう何度こう思った事か?
ガラス屋のオッサンもちゃんとガラスはめ直しにきてくれ!
残すは、お風呂の枠と、カーテンにプリント、、、、あっランプもね、、自分でつくるか??

電気配線今のところ大丈夫。換気扇にコンロ、電気釜フルか移転。毎日ご飯!
もう、ご飯おいしい。 こだわった材料はむりだがそこは裁量が最良。
オーブンは、、、、、、、未だつかってない、電子レンジ付きだからそっちはね。

こういう風に書いてると「我はどこへ行き何をし、糧は? 仕事は? 何してるの?」

ダンスだよ。 
ダンサーではなく動いてるからダンスに見えるそんなダンサーですって。
しかし
良き聞かれるし言われる「練習はっと?」

してません。

木を切る時に、ご飯を作ってる時に、うれしい筋肉をそだてます。 疲れても頑張る筋肉と姿勢、、、、は悪い。

さあ、二週間。
最終報告の前に、、、、、、、、、、、、、、原状況を。
f0118450_7494099.jpg
f0118450_7495797.jpg
f0118450_7501398.jpg
f0118450_7503051.jpg
f0118450_7504766.jpg
f0118450_751316.jpg
f0118450_751211.jpg

[PR]
by shintarooue | 2007-09-23 07:51 | verksatdsgatan1改築記録

映像はやはり生とは違います。 だから舞台に立ちたくなる!



これからたまってるものも、すこしづつ上げてゆきます。

[del a]
perform by Shintaro oue
Tilmanodonnell
ハーノーバーコンペ2005出品最優秀賞をいただく。
その時のですが、観てるとやはり疲れてます。 多分これ三回目決勝の時のです。
[PR]
by shintarooue | 2007-09-19 05:27 | 映像(MOVIE)

キョウリョクなカンキセンの下で no,3番外編 とイスラエルアタマカタポロポロ、ナミダポロポロ、

Duetを今一度再確認、認識、破壊そして構築。 
いつもの事ながら構築過程において外部からの圧力と個人的な見解と誤解の多さで失敗?するのだが。

我が道ここにありきと邁進するしかない。

一人はねている。
一人はそのそばで立っている。

寝ている方は、寝ているように見えるだけであって、もち生きているのはあたりまえである。

ここまで書いて、solo,solo(草書で書くといろんなふうに読めるのだが、、、、さておき)の冒頭を想いだす。
まあ、いい。 
まあ、よいではないか。
ひとの作品であれば別だが自分の作品なんだから。

先に書いた状態では私が好む、DUETにはならない。
 
さて、ここで無理に絡んだり(コンタクト)もしくは言葉で説明「ねるなよおお。」とかはしない。

 しかし気になる事は事実である。 
何故そんなとこでまして舞台においてそのままにしておくのか? 
気になる。 
まあ、嘘っぱちな木なら別だが。 
冒頭にも書いたように活きている事は確かであるから。

仮に彼を「あ」としておく。
 「い」にとって「あ」は別に会ってもなくてもいいのであるが、
そこにいるからどうしても、無視は出来ない。 さ
けてとおれない。 人
生のようだ!!!

とまあ、この間から何故か飛躍的に? 作品にずれが生じている事は確かであるが、
 well I like very much this kind of gap!
これなくしてどうするのか?
 舗装された道よりも
アゼミチが好きな人間にはやはりこの
ミゾみたいなのがこのましい。


音楽と動きの関係にしてもそうである。 
例えば子供の歌を、ITUNEのビジュアライザONで聞いてみて観よ。

えたえ、いたい、答え、なんかなく、何とも言葉では表現できぬところへたどり着く。
言いたい事はこれをマジでやってもらうと解る。


ありふれた、あまりある音源達は今冒涜され
、振り付け家によってちょん切り、
爆音化されている。 
生なら話は違うのだが、、、、、、、。 今仕事している音楽はショスタコ、、、、生演奏になるらしいが、はっきりいって拒否反応をおこしている。
いつもの事ながら、アイデアはある!
『箱、巨大な防音付きの箱を音楽家の頭上からゆっくりと下ろす、、、、そう、消えるうう何って絵のが目で先ず伝わる、そんなことない! と思ってたらやっぱり消えるのである、生演奏させておきながらピイイイイヤヤヤッッッガッッガピャ=====、、、、、、、、、。

凄い!
自分で自己妄想満足する。


まあ、いい。

はなしがオソレソレと勝手に走る。 夜の言葉とはそんなもんである。 走馬灯するのである。
ガンジーいわく、寝る前=死に際(一日を全人生と重ねると)であるからそうである。

最初から番外編と名ずけたのであるから意識して書いている事は確かである。

必死こいてる「い」よりもしんだふりしたねてこましている「あ」のほうが魅力的で、活路みたいなものを示唆する。 「あ」はやる気がないNON SHARANT ではなく。 
受け身なのである。
憂き身なのである。
今の世の中に本当に必要な存在、受けて、、、、、、さて、返しは、、、、、次回 no,4に続く。

夢、断片の再構成により、えたえ(い)、、、、のしれぬ現実鏡となる。
f0118450_5584381.jpg
f0118450_559232.jpg
f0118450_5591874.jpg
f0118450_5593458.jpg
f0118450_5595224.jpg
f0118450_601077.jpg
f0118450_602936.jpg
f0118450_604611.jpg
f0118450_61344.jpg
f0118450_612451.jpg

[PR]
by shintarooue | 2007-09-18 21:54 | あいうえお制作ノート

no,2 言葉を学ぶ

黒、白のレオタタっっードを着る。
動きが舞台上を占領する。
柔和な動きの中にそれを跳ね返すかのごとくはっきりとした動きがこ気味よく挿入されている。
字そのままである。
ひらがなを全体的に観ると漢字に比べて緩やかな流れを基本としているが、跳ねや、ギュウッと踏み込んだ抑えや点々など。

何かを構築しようとする身体。
身体は明るい中にあるのだがどこか身体としての存在が消されている。
顔がみえないからである。 チラチラとは見えるのだが、凝視できない。
顔だけ開けているにもかかわらず。

音声は「あ」だけである。 それにも関わらず、何かが表現されている。 
念仏、片言、つぶやき、苦悩、記憶の忘却。 
「忘れた」舞台上から聞こえてくる。
生々しい音が、ドライな音響装置と入り交じりあう。

今日は何をやっても中途半端である。 No,3 に続く。
[PR]
by shintarooue | 2007-09-13 22:07 | あいうえお制作ノート

あいうえお(T-shirt編)

切っ掛けは、うちにまだたくさんのこっているペンキで、Acne jeansのT-shirtに「あっ」を書きこれはもしかしたらアイデアをかってくれるかもと、、、、、アクネにemailする。

あしらわれる。 まあ、そうでしょうが。

「あっ」 驚き、始まり、
「いい」良好、ゆるやかな感じ(二つ目「い」は心持ち小さく)
「うっ」 緊張、毛嫌い、不快、
「えへ」モナリザのような微笑み、(へは勿論小さく書く)
「おう」歓喜、壮絶、(あれくるうように「お」と「う」が多少かさなりあう感じで
プリントは全部少し荒い感じで、習字の筆よりは、ブタの毛の方が良し。

背中の肝臓あたり、字は、その与えられた場所からでようとするぐらいな筆裁きで

勿論、刻印的に会社名はいれる。 それはどこにでもあるようなフォントでいい。

何故、あいうえお? 同じようなグループでありながらそこに少し個人の主張を盛り込む事で日本、ひらがな、共有などの中から自分をすこしみつけだすため。

売れると思うけどね。 

ここからダンス制作を企画。

多分、ヂュオです。
ビデオにとってまたコンペでるぞ!
[PR]
by shintarooue | 2007-09-13 04:11 | あいうえお制作ノート

日常の逆転

ただ眠れない。
フトンの上で踊っている。
喋っている。
でも目は閉じている。
どこで寝ているのか忘却、寝ている事すら忘却。

朝の6時前。
起きる訳でもなく、まして仕事や移動でもない。

これは遠足の気分だけが先に走っている感じ。 

遠足であると思うのは「私」である。 しかし遠足自体があろうなかろうとそれは外界から「わたし」にくるものである。

眠れないのも物質的不快感や、食事など外界からの影響がある。
踊ってしまうのも、昨日や今日の影響だけではなく、それこそ何十年もの積み重ねよりきている。 それもこれも「わたし」のそとからやってきて、今私は湯船の中で書き留めている。
そうこうしていると自分「わたし」という物がだんだんと曖昧になってゆく。
何もかもが外にある。時間、空間、他者、しかしそれらも内に入ってきてこんなたわいもないイタズラをしでかす。(単に睡眠不足などという4モジでまとめていいのかと?)また関係ないところから探り出し始める。

仮に今日この逆転睡眠不足を私が起こしたとして起きてしまう、いまから。
興奮した遠足の持久力なんてしれている。
わたしのからだが、、、、、、わたしのからだだっらおれさまのいうこときけ! 
無理だ。

答えではないが、
自然にはさからえぬ、あるがままを持ってその中で生かされ、考える時間まで貰っていると思わねばならない!

だれから?
外を内に持った「わたし」が外に内を発する、、、、、、、、、、、、ピポパポである。
f0118450_1316941.jpg

[PR]
by shintarooue | 2007-09-11 13:16 | 私語