何度も終る夏、果報は寝て待て


by shintarooue

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

近況報告

2014年
新作ストックホルムにて

ブログパーツ

最新の記事

www.cslashompa..
at 2014-01-22 20:59
from here to t..
at 2013-07-29 14:48
さいきん
at 2013-05-13 19:03
Krukmakargatan..
at 2012-06-16 04:12
リノベーションから学ぶ
at 2012-06-15 05:09

カテゴリ

全体
私説明
映像(MOVIE)
私語
verksatdsgatan1改築記録
ダンス特有
Krukmakargatan31B
HOLLY LAND 制作ノート
あいうえお制作ノート
未分類

以前の記事

2014年 01月
2013年 07月
2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


安部公房スタジオと欧米の実験演劇


堕落論


恋する惑星


デリカテッセン <デジタルニューマスター版>


髪結いの亭主


時代-Time goes around-


幕末太陽傳


切腹


終りし道の標べに―真善美社版 (講談社文芸文庫)


陰翳礼讃 (中公文庫)

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ダンス特有( 79 )

from here to there

ながらくアップなしでしたが、アップアップしていたので、この場までアップできず。
些細なことの垂れ流しや、思いつき書き込むことが多かったのですが、、、
それらはまた別の場所へと移すことにいたしました。

過去の記録は記録として、ここへおいておきながら。。。。。。
[PR]
by shintarooue | 2013-07-29 14:48 | ダンス特有

一週間の合間に

また明日より学校巡回。
この仕事は色々と勉強になります。
客席は仮設というにもほど遠いものですが、みんな座ったり、なかには寝転んだりしながらも、
小一時間を共有できていると舞台のほうから体感しております。

ダンスをみたことない子達ですが、ダンスを促進させる効果はなくとも、小一時間は全てのことから開放してもらえたらいいと思います。

残る所3回ですが、できれば今後も学校巡回はできればいいと思います。

色々と想うこともあり、手をとりましたが、やること沢山、宙にまっておりますので、、、、。
[PR]
by shintarooue | 2012-04-23 05:01 | ダンス特有

オランダ人からスウェーデンのこれから大人になる人々

オランダツアー15回無事に終りました。
怪我がなかったわけではありません。
腹が立って、怒鳴ったこともないわけではありません。
「チェっ」っと舞台でかみつきもあったやもしれません。

でもすべてが支えられて事運んだことは事実であり、それは大変有り難いことで、
近くの人々へまず感謝であります。

このツアーが今後の時間にどのように影響するか?
また
なにかあらたな切っ掛けが生まれ得るのか?

「そうあるべき。」
と書いて呼び寄せの術。(大事な人からおそわった人生で初めての術と名のつくもの)

さて、今朝移動してお昼から『=equal』のリハーサルへ。
テキパキっと終って明日からの学校巡回。
日本でいう中学生が対象ですが、明日はとりあえず、我々がしたいやり方で作品を見せる予定
です。 こちらの学生はある意味、自由奔放、、、、まあ、良く言えばですが、、
なので、やるのが勝手なら、見る方も勝手っという感じで、では我々はどうすればいいのか、、、
今思案しても仕方ないので、明日最初の公演後に考えます。

ひさしぶりにストックホルム。
雪が舞いました。
4月の雪はめずらしくなく、寒さも残りつつも春がちらほらと見えております。

桜が咲いたら花見したいですね。
[PR]
by shintarooue | 2012-04-03 05:07 | ダンス特有

オランダ人 その3

今日はUTRECHTで公演でした。
観客動員はまあ、こんなものか、、と思いながらも、客席うまく区切って、上手に座っていただきました。またアフタートーク、今日もありましたが、ほとんどの人が残っていただき、40分ほどお話しました。観客との対話であり、我自身の説明、または作品の説明ではなく、対話することに重点を置くように、、、、っと、だめ出しありで終えました。
ダメだし係のまさくんとは帰ってきてから秋の話をしながら、次回の予定を漠然とお話。

明日は海岸沿いの小さな?街。
電車ではいけない場所なようです。
明後日は、屋根のない場所。
そして明々後日は、、、人のいない場所。

はは、、、、、は。

明後日/明々後日は嘘ですが。。。。

はい、ということで、明日9回目、
いつもの通りに、やるだけです。

いつもの通りにやっても、いろいろ変化はするんですが。。。。
[PR]
by shintarooue | 2012-03-20 11:51 | ダンス特有

オランダ人 その2

お疲れさまです。
『イキ、シ、タイ』は今夜で4回目です。
一番小さな劇場ということと、テクニカルの問題で、午後劇場入りを諦めてできるだけはやめに
乗り込みです。よくよく考えれば、公演をする劇場に4時にはいって8時半に公演では、確かにテクニカルな事柄が管理はしきれないと、、、っとまあ、公演終って3回憤りを感じてやっと理解するこちら側にも問題ありかと。
公演は80%で見せたいと思える部分がでていることは事実。
ただし
80%ではもったいない。
100%で望んでも、受け取る側は100%はついてはこれないのだから。

昨年たてた課題の「謙虚」を復習しなおさないといけないですね。

昨日は舞台の機械にケリをいれてましたから。。。。

はい、ということで、今日はまた気持ちあらたに望む、です。
[PR]
by shintarooue | 2012-03-08 17:58 | ダンス特有

オランダ人

ツアー始まりました。
初日三月一日はオランダな空気を受けながらなんとか幕開け、みなさん喜んでみていただけたようです。アームスフォートいう街は11年前のオランダ滞在で自分の作品発表した街、想いでがあるのかと聴かれれば、、、、ないのですが。

兎に角、1月の新作製作からトライアウトでのピーオトルの怪我、「テズカ」でローマ、すぐさま横浜新作と香港「テズカ」、そしてまたすぐさま「=equal」そしてまた「テズカ」東京公演と「イキ、シ、タイ」の稽古(助っ人ケンゾー君)、今ひとまず、初日にこぎ着けました。これから今月は31日まで14回、間に「テズカ」がルクセンブルグであります。

体はといいますと。
アキレス腱を無意識にかばっているのか、、、相当ゆがんでいるとのこと。
「いや、、、ゆがんでますね、、、このゆがみはダンサーというより事務なんかをされてる方のようで、、、」と笑顔で言われて、まあ、くったくのない音でいわれましたから、カチンとはきませんでしたが、勿論次の日から、腰砕けておりました。

頭はといいますと。
至って健全です。ただし、何事にたいしても、深く考える思考回路は二月の新作でショートしてますので、すごくイイ加減です。

展望もいろいろとありますが、ストックホルムの週末を有意義に過ごし、ニチヨウビにはまたオランダへ。

はて?
何故オランダ人がタイトルなのか?
そう、オランダ人の「大丈夫!」はあてにならない、私もよく似ているのです。こうやって一つの国の人をひとくくりにするのは良くないかもしれませんが、勝手な意見ということで。
であるから、オランダでの仕事は我を鏡でみるような、、、なんともいえない状況です。

ただし、救いもあり、それは失敗から学ぶということです。
多少の失敗じゃないですよ。
身にしみいるような失敗ですよ。
それでも、
次の日はあっけらかんとできる。
素晴らしい。
[PR]
by shintarooue | 2012-03-03 03:57 | ダンス特有

ありがとう。

スタジオ4日目。
現場の環境はとてもいい。
その場所を活かせていないのは我の落ち度か。
ここに書き込みをする時は大概ヘタレている。
よって並ぶ言葉は非常に非情で言葉に申し訳ないと後で思っている。

今日は初めて財団側の人がスタジオに。
寝袋と「あ、い、う、え、お」や紙が散らばっている(ダンスフロアーにはいい感じで存在している)

現在の状況や日本でのこと、先日、名古屋でのこと、立ち話ではあったが話をする。
「贅沢すぎますね〜」
「いいのよ。気にしなくて!使えばいいのだから、あるのだから」
そうか。。。。あるのだから、認識して使うだけ、使う用途は色々、
千差万別なのである。

今回の新作にあたっては、今までにないほどのサポートが得られている。
しかし、

実際はすべて使いこなせてはいないのではないかな?
しかし、
それでいいんだ!
しかし、
そこは我れがママだ!
そこぐらいしか、我がままできていません。

今日はたくさんの「ありがとう。」を書こうとおもっていたのだが、
それはまた今度だ。

でも、物事が終ってから、ありがたい、よかった、、、などから生まれる「ありがとう。」
ではなく
「ありがたい」は始まった時から存在しているんだと、、、、。
締めくくりに、「この日、この巡りを、、、、ありがとう。」

この名刺サイズの「ありがとう。」
名古屋で一番、ぐぐぐーーーーっときた一枚。
東急ハンズは憎いことをしてくれる。
手渡すわけでもなく、会計するところにおいてあった。
さりげない、
さりとて、
そこにあり、
ありがとう

うけとるも
それも
すばらしき
カンセイ
よ!
f0118450_0274573.jpg

[PR]
by shintarooue | 2012-01-14 00:47 | ダンス特有

2月10〜12日/横浜

2月10〜12日詳細はココから
[PR]
by shintarooue | 2011-12-29 08:39 | ダンス特有

2月20日

2月20日詳細はココに
[PR]
by shintarooue | 2011-12-29 08:31 | ダンス特有

☞/タイトル

f0118450_2433018.jpg

後で考えると寄せ書きやん、コレ。
そう、寄せ集めてるんです。今回は参加者の状況がてんでバラバラです。それをどこまで集めて一つ
の☞いや、多くの☞、いや最後に☞。ってできるかどうか、、、いや☞です。
タイトルとは不思議なものです。みんな知っているサイン、どこかで見た事のあるサイン、または「人差し指の方向」というぐらいは誰でも理解している、しかし、それに対して名詞やそれをなんと呼べばいいのかわからないと、困る。 あえてそんなタイトルを選びましたが、副題として「ついそこまで」
と付けました。 
蛇足です。 
遺憾ともしがたい思いなんです。

リハーサルは三週目にはいりましたが、空気は季節の変わり目のような変化をしています。何度も仕事をしているせいか、やはりカショカショにお互いの成長と癖がいりまじり、それらを乗り越えるためにあくせくしております。 

今回は寄せ集め。でも我々には10年間とか過去がありません。10年間の作品の中からの抜粋ではありません。
寄せ集めることで一つ一つがまた違った側面を見せ始める、そんな作品に仕上げていきます。
村上春樹の雑文集(長編に対しては私は理解ありません)に触発されているのでしょうか?
ラーメンズの定期公演に影響されているのでしょうか?
安部公房の作中に流れる、追いかけるものが実は追いかけられていた。に感化されているのでしょうか?
好きなものを咀嚼する力があらたなものを生み出すのです。
まねしている次元なんておもわれてもいいのですが、あえてここで断言する。
過去を消すより、背負うことで前に進むのだと。

寄せ書き
寄せ書きには時に気乗りしていないありきたりな言葉や、、名前だけかいてあるものもある。
それらをも含めて私は寄せ書きだと思う。
[PR]
by shintarooue | 2011-12-16 03:02 | ダンス特有