何度も終る夏、果報は寝て待て


by shintarooue

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

近況報告

2014年
新作ストックホルムにて

ブログパーツ

最新の記事

www.cslashompa..
at 2014-01-22 20:59
from here to t..
at 2013-07-29 14:48
さいきん
at 2013-05-13 19:03
Krukmakargatan..
at 2012-06-16 04:12
リノベーションから学ぶ
at 2012-06-15 05:09

カテゴリ

全体
私説明
映像(MOVIE)
私語
verksatdsgatan1改築記録
ダンス特有
Krukmakargatan31B
HOLLY LAND 制作ノート
あいうえお制作ノート
未分類

以前の記事

2014年 01月
2013年 07月
2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


安部公房スタジオと欧米の実験演劇


堕落論


恋する惑星


デリカテッセン <デジタルニューマスター版>


髪結いの亭主


時代-Time goes around-


幕末太陽傳


切腹


終りし道の標べに―真善美社版 (講談社文芸文庫)


陰翳礼讃 (中公文庫)

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2006年 11月 28日 ( 1 )

この履歴書で、どこに行こうか?

大植真太郎
クラッシクバレエを京都で学び、多くのコンペでに入賞。
1992 渡独(ハンブルグバレエ学校)
1993 プリドローザンヌコンクールでキャシュプライス受賞。
1994ー1997ハンブルグバレエに在籍。
1997−1999NDT2に在籍
1999よりオランダを拠点として、独自の創作と多くの振付家との創作を開始。
2000 シルバーダンスプライスを自作自演「メイ デイ」で受賞。
2001 ダンスギャダリング(ドラマシアタ−大阪)に「Living room」で参加。
     札幌にて、地域活性型workshopを行う
2002 オランダで「Living room」ツアー、ドイツでも公演。
2003 トヨタコレオグラフィーアワードに「Living room」で参加。
     札幌にて参加型workshop のなかから「現実不在」を制作発表。
     クルベリーバレエ(2006夏まで在籍)
2004 充電期間ならびにクルベリーで長期変動型workshop
2005 「del a」にて、ダンスフォライフ(ブリュッセル)、スターガラ(イスラエル)に参加。 この作品でハーノーバーインターナショナルコンペ最優秀賞、スカンジナビアグランプリを受賞。
     「oppenplanlosning」をスエーデン国立オペラに振り付け。
     「Renoveringobjekt」をロンドン、ストックホルムで発表。

2006 「 mellan a och B」をクルベリーに振り付け
     「Plan B」でコウピオダンスフェステイバル(フィンランド)で発表。
     「caps lock」をイスラエルで振り付け
     「solo,solo」をNOISMに振り付け

     「主題なき時代」の制作にむけて充電期間
   
[PR]
by shintarooue | 2006-11-28 22:01 | 私説明